ホーム > 生活 > 1ヶ月で借金100万返済した話

1ヶ月で借金100万返済した話

書籍の折込広告、スポーツ紙、街中に張り付けられた宣伝広告や郵便広告などで、「債務の整理整頓任せてください」「多重借金を統合したくないですか」と書かれた惹句を見ることがしばしばです。

 

そのようなものは、「整理業者」「買取業」「紹介者」という俗称の会社のだまし広告の場合が存在します。

 

これらを利用した際には破産申請の中で最も重要な免責認可を受けられなくなる恐れも存在します。

 

「片付け屋」の場合は、ビラなどで負債者を集め相当な依頼料を受け取って負債整頓をしますけれど、結局のところ整理は行われないまま、依頼者はさらなる債務地獄にはまってしまう結末がほぼ全部と言えます。

 

「買取業」の場合、当人の借金で家電、旅行のチケットを山ほど買わせて負債者から買った品物を定価の2割~額面半額で引き取るという方法です。

 

負債人は一時的には現金が増えますが、そのうちカード企業から品物の支払いがきて、実際のところ負債を増額させることになってしまいます。

 

このときはカード会社に対する詐欺であるとされてしまい免責判定をもらえません。

 

「紹介業者」は大口の貸金業者から断られる借金人に、提供はしないで、資金提供をしてもらえる他の業者を知らせ、経費をもらう悪徳業者です。

 

つなぎ屋は自分の経由で融資してもらったかに説明しますが本当のところは何もしていなくて、単純に審議のゆるめのルートを分かっているだけなのです。

 

この場合だと結局は負債額を増大させる結末となります。


関連記事

ふわふわパーマをかけてみたい
ふわふわパーマをかけてみたいと、 ここを見て思いました。 http://www....
フラッシュモブのプロポーズ動画を見て感動
最近、年齢のせいか涙もろくなっています。 特に分かりやすく感動する動画に弱いです...
1ヶ月で借金100万返済した話
書籍の折込広告、スポーツ紙、街中に張り付けられた宣伝広告や郵便広告などで、「債務...
テスト
テスト記事です。...